タクシー料金が3割安!Uberがスプリットとドゥブロヴニクに参入

規制緩和が進んでいないため、タクシー料金が割高な、アドリア海沿岸のクロアチア各地。でも、タクシーの価格破壊Uberが、2016年6月から、スプリット(通年)とドゥブロヴニク(6-10月限定)で、待望のサービスを開始しました!

さらにプロモーションコードuberaltazgを設定すると、1-3回目の乗車が各10クーナずつ割引になるクーポンももらえます。管理人も、ザグレブで何度も利用していますが、本当に便利で、一般のタクシーは、Uberが利用できないときだけと、ほとんど利用しなくなりました。

ただ、ウェブなどで調べるといい点ばかりが先行していますが、海外旅行中に土地勘のない旅行者として利用するには、ちょっと注意しなければならない点もあり、その対処法とあわせてご紹介します。

クロアチアでuberを利用

2016年6月1日サービス開始


(2016年9月改訂のポイント)

  • 問題のうち運転手さんのナビについてはだいぶ解決
  • ザグレブ料金も値下げになり、5割増しで一般タクシーと同料金レベル
  • 事前予約リクエストができるようになりました(実際の利用はまだ)(料金見積もりは当日まで不明。また予約できないこともある)
  • 現金支払いができるようになりました(実際の利用はまだ)
  • ザグレブ地域で定額料金が導入されました(例:市内南部から空港まで70クーナ、市内北部から空港は90クーナ、プリトヴィツェ国立公園片道750クーナなど)(実際の利用はまだ)
スポンサーリンク

ドゥブロヴニク空港と旧市街(ピレ門)間の料金は24ユーロ

Uberのサイトによると、主な乗車区間の固定料金(メーター制でない)は以下の通りです。

  距離 クーナ ユーロ 他社目安
【ドゥブロヴニク】旧市街(ピレ門)-空港 21km 180kn 24Euro 270kn
【ドゥブロヴニク】Gruz港-旧市街(ピレ門) 3km 55kn 7.3Euro 70kn
スプリット-ドゥブロヴニク 230km 1500kn 200Euro 2300kn
【スプリット】空港-フェリー乗り場 27km 225kn 30Euro 300kn

クロアチアでのUber料金表

Uberの2016年6月現在の乗車料金表は以下の通りです(単位はクーナ)。

  スプリット・ドゥブロヴニク ザグレブ
  Uber 他社 Uber 他社
初乗り 9kn 25-35kn 6kn 6-10kn 
1キロあたり 5kn 7-12kn 3kn 6kn 
1分あたり 0.5kn 待ち時間1.3-2.5kn 0.4kn  待ち時間0.7kn
最低料金 15kn  ? 10kn  ?

Uberの場合、下のように、一般のタクシーと違って、移動している時間も含め、乗車中の時間すべてに対して1分当たりの料金が適用されます。

Uberでは乗車時間が課金対象

そもそもUberとは?

アメリカ発祥で、スマホのアプリを利用した自動車配車サービス。世界の58の国・地域で展開していて、300都市でサービスを提供しています(出典Wikipedia)。日本では、東京のみで利用できるので、まだあまり知られていませんが、アメリカをはじめ、ヨーロッパ各地、中国などアジア各国では、かなり浸透している模様。タクシー業界を震撼させる安さと便利さで急速に拡大しています。

登録後初めての利用は10クーナの無料クーポンがお得

クロアチアでUberを利用する場合、10クーナの無料クーポン(3回分)をゲットしておくと、登録後初めての乗車で割引になります。クーポンの入手方法は、

スマホでUberのアプリを立ち上げ、画面左上の三をクリックすると

uber1

利用できる車両が近くにある場合、車のアイコンが実際の動きどおりに動いて楽しい

メニュー画面が表示されるので、プロモコードを入力をクリック

uber2

コードを追加をクリック

uber使い方

uberaltazgと入力して、適用するをクリック

Uber使い方

あとは、Uberを呼び出して、乗車するだけで、初めてUberを利用したときの料金が、3回分10クーナ割引になります。お試しするには、もってこいですね(紹介したほうにもメリットがあります)。

Uberの使い方

スマホにアプリを登録して利用します。具体的な使い方については、かなりあちこちで詳細に紹介されているので、こちらをご覧ください(クロアチアで利用される場合は、プロモーションコードは、uberaltazgにいただけると嬉しいです)。

クロアチア旅行中にUberを利用する際に注意すること

サービスが開始されて以来、ザグレブで2015年12月以降だけで、10回以上乗っています。2016年に入って、ザグレブでは値下げになったので、料金的には従来のタクシーの7-8割の感覚。さらに気軽に利用できるようになりました。あまり変わらないのですが、とても便利で、一般のタクシーは、Uberが利用できないときのみ利用するようになりました。

ただ、海外旅行中に利用、という観点からすると、いくつか気になる点もあります。

インターネット接続がないとそもそも利用できない

配車依頼時に、たとえばホテルやカフェ、空港などのWiFi接続でスマホがつながっていると利用できるとのこと。GPSがオンになっていると、場所を自動で設定できて便利です。

ただ、乗車中もリアルタイムで地図を確認したい場合は、クロアチアで利用できるSIMカードをSIMフリースマホまたはSIMフリーポケットWiFiに設定するか、レンタルWiFiを利用する必要があります。

運転手さんが道をあまり知らず、ナビを利用しても、迷ったり、迂回したりする場合がたまにある

これは、大きなホテルや空港、バスターミナルなどに行く場合は、あまり問題になりません。一方、小規模なプチホテルや、ソベやアパートメントなどのプライベートアコモデーション(民泊)、その他のお店やレストランなどに行くときには、要注意です。運転手さんも道を知らないことが多く、ナビを利用しても、迷ったり、迂回したりすることが、7割くらいの割合でありました(注:2016年9月現在、これはかなり改善され、5-10%程度に減りました)。

これまで本業のタクシー運転手さんでUberに乗り換えた、という方は一人しかおらず、あとは副業だったり、「3日前に失業したから次の仕事が見つかるまでのつなぎ」と言っていたドライバーさんもいました。

ルートに問題があった場合は、ウェブサイトまたはスマホのアプリで、下のように、報告できるようになっています。ちょっと面倒ですが、乗車記録が多数記録として残っているので、調査のうえ、料金の訂正をしてくれる場合もあるようです。(但し、一方通行などもありますので、地の利に明るくないと、判断が難しいです)

(【ご参考】2016年、1度だけですが、乗車記録がおかしかったので(降りたあとも1キロほど乗車していたことになっていた)、通知したら、そのときの乗車料金が後日無料になりました。)

 
uber使い方

三をクリックして表示されたメニュー画面からヘルプをクリック

Uberの使い方

直近の乗車の問題を報告する場合は赤、過去の乗車の報告の場合は青をクリック

Uberの使い方

ドライバーのルートがよくなかった、をクリック

Uberの使い方

ルートに問題がありました、をクリック

uber6

問題の詳細を記入して、送信する、をクリック

 

ピーク料金になった場合は、一般のタクシーのほうが安いかも

これまでに数度「ピーク料金」になったことがありました。需要と供給の関係によるのですが、例えば、下のように2割増しや5割増しに、さらには2倍になることもあります。ザグレブの場合、5割増しで通常タクシーとほぼ同じ感覚です。(←2016年9月改訂)

また、最近気づいたのですが、ウェブサイトでチップも0-20%程度設定できるようになっています。ご参考まで。

Uberでピーク料金(割り増し料金)になることもある

2割増しのとき

uberピーク料金

5割増しのとき

満車で呼べない場合もある

一般のタクシーも同じですが、需要が供給を上回った場合は、Uberを呼べない場合があります。この場合は、一般のタクシー利用となります。

事前予約できない(→2016年できるようになりました)

2016年、Uberでも事前予約できるようになりました!実際に2度ほど利用してみましたが、予約希望時間の15分前後の余裕をみる必要があり(合計30分)、その段階で料金がピーク料金になっている可能性もあり、使い勝手はいまひとつでした。

空港やバスターミナル、鉄道駅に行くときなど、前もってタクシーの予約をしておくと安心ですが、残念ながら、Uberは事前予約できません。利用したい時間の少し前に、アプリを立ち上げ、時間を見計らってオーダーしなければならないので、時間が確実には読めません。なので、次善の策を常に準備しておきましょう

JCBカードを支払い用に登録している場合、カードが使えないかも

クロアチアでは、JCBカードの普及率はまだまだ低いので、JCBカードを登録している場合、使えない可能性があるようです。クロアチアでUberを利用する場合は、VISAやマスターカードなどを登録したほうが無難です。(→現金でも支払えるようになりました)

Uber料金で事前予約ができるかもしれない裏ワザ

そのまんまで芸がありませんが、一度、Uberで利用した運転手さんに、日時と乗車区間を指定して、次も利用できるか、できる場合、料金はいくらか聞いて、携帯番号をもらうことです。早朝の場合など、本当に来てくれるか、ちょっとドキドキしますが、Uberを辞めてしまうドライバーさんでなければ、過去の乗車記録にさかのぼってレビューのポイントを降格もできるので、「本当に来ればラッキー」くらいの気持ちでアレンジしてもいいかもしれません。できれば、再度利用する前の日に、ダメ押しで再確認するとよりよいでしょう。

まとめ

いろいろ注意点を書きましたが、Uber、なくてはならない存在で、とても重宝しています。要は、Uberが利用できなくても、プランBを準備しておく、というのが安心して利用する秘訣だと思います。

今回の記事を書くに当たり、これまであまり見ていなかったヘルプメニューを結構調べました。知りたいと思うことは、日本語でかなり詳しく説明されているのと、サービスの質を維持するためにいろいろ工夫されていることがわかり、今まで以上に信頼がおけるようになりました。

タクシーの運転手さんたちには申し訳ありませんが、これをきっかけに、他のクロアチア各地でも、タクシーがもっと気軽に乗れるようになるといいなと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。まだまだ作成途中のサイトです。下のメルマガをご登録いただくと、クロアチア観光情報の新着・更新情報をお知らせいたします。

スポンサーリンク
Booking.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする