失敗しない!スプリットの宿・ホテルの選び方のコツ

クロアチア旅行の人気スポットで、ユネスコ世界遺産の遺跡の町スプリットSplit。クロアチアのアドリア海中央部の海運の町で、フヴァール島などアドリア海の島々への交通の要所でもあります。

スプリットのウォーターフロント

すっかり観光地化してしまって「テーマパークのよう」という感想をいただくこともあるクロアチア観光の鉄板定番ドゥブロヴニクとは違い、クロアチア第二の都市スプリット。クロアチア市民の生活感も漂い、活気あふれるスプリットは、時間がゆるせば、ぜひ、お勧めの街。

今回は、そんなスプリットに宿泊する際の、宿・ホテルの選び方の注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

必ず押さえたい!スプリットの交通機関マップ

スプリットは、鉄道駅、長距離バスターミナル(含空港シャトルバス発着)、フェリー乗り場、飛行艇乗り場がいずれも隣接、さらにそこから中心部へも、徒歩5-10分と便利。基本、階段等はないので、荷物が少なければ、宿泊施設の選択は特に気を付けることはありません(但し、近郊バスターミナルは1キロ弱北にあります)。

ただ、大きなスーツケースなど、荷物が多い場合は、交通アクセスを確認したうえで、ホテルやプライベートアコモデーションなどの宿泊施設を選ぶのが、ポイントです。

鉄道駅の東側に位置している宿泊施設の場合、地図では、道がなく、ぐるっとまわって行かなければならないように見えますが、下に挙げる宿泊施設のように、線路を横断して行ける場合もあります。

ホテルではなく、民泊(プライベートアコモデーション)を利用する場合は、現地で「こんなはずじゃなかった」とならないよう、ご予約前に、プライベートアコモデーション(民泊)利用の注意点を必ずご一読ください!

大きな荷物を預けてしまえば、宿の選択肢は広がる!

荷物が重くても、手荷物預かり所に大きな荷物を預けて、1-2泊分の荷物だけになれば、身軽に徒歩圏内の宿はぐっと広がります。

観光都市で、交通の要所のスプリットでは、手荷物預かり所がバスターミナル(含空港バス)・鉄道駅周辺のあちこちに多数あって便利です。

鉄道で発着する場合は、スプリット鉄道駅構内のコインロッカー

スプリット駅のコインロッカー

スーツケースも入る大きいサイズ。24時間で15クーナ(2016年現在)。1・2・5クーナの小銭の準備が必要!

長距離バスでスプリットに発着する場合は、民間の手荷物預かり所が多数あります。料金体系や営業時間はいろいろなので、用途にあわせて選べます。似たような場所が多いので場所の確認と、預かり票をもらうのをお忘れなく。「1日」が預けた時間から24時間なのか、暦日(預けた当日の夜中の0時まで)なのかも必ず確認ください!

スプリットの手荷物預け所

1日20クーナ。営業時間は8-22時

スプリットの手荷物預かり所

営業時間が6-24時の手荷物預かり所

スプリットの手荷物預かり所

観光や乗り継ぎなど、短時間のみ手荷物を預けたいときは、最初の1時間5クーナ、2時間目以降は1時間あたり1.5クーナの預かり所も(2016年夏)

Booking.com

スプリットなら旧市街内でもスーツケースをごろごろできる

街によっては、旧市街内は石畳がスーツケースをごろごろしにくい場合もありますが、スプリットの場合は、ほとんどの場所で石畳の表面がなめらかで、スーツケースをごろごろ引きずって移動しても大丈夫そう。

スプリット旧市街内の道

スプリット空港発着で路線バス利用なら近郊バスターミナル周辺でも

下で詳しく説明しますが、スプリット空港発着で、空港シャトルバス(片道30クーナ、所要30分)ではなく、路線バス(片道17クーナ、所要50分)を利用するなら、旧市街の北側にある近郊バスターミナル周辺の宿泊施設を選ぶという手もあります。

スプリット空港発着ならトロギール泊という選択肢も

発着ともスプリット空港を利用し、島へは行かず、トロギール観光やシベニク観光もしたいなら、トロギールTrogirに泊まって、スプリットに日帰りするという手もあります。実は、スプリット空港は、スプリットへは20キロ、トロギールへは6キロのところに位置しています。

また、シベニクへ行くには、スプリットからならバスで片道1時間半、トロギールからなら片道1時間です。

レンタカー利用なら、駅や港は避ける!

自家用車やレンタカー利用の場合は、逆に、鉄道駅やバスターミナル、港周辺は混雑するので避け、旧市街の西側エリアや北側エリアがおすすめ。予約の際には、長時間駐車できる駐車場の料金だけでなく(自前で無料でないパーキングの場合もあります)、宿泊施設へのアクセスも必ず確認しましょう。

スプリットの憧れの極上ホテル

せっかくバケーション。ドゥブロヴニクよりお手軽価格で極上ホテルに泊まれるのも、スプリットならでは。アクセス抜群で口コミ評価も高いホテルを集めてみました。

【参考】スプリットの交通情報

交通の要所スプリットへは、飛行機または長距離バス、鉄道、フェリーなどでアクセスできます。

スプリット空港のアクセス

スプリット空港は、スプリット中心部まで約20キロ離れています。空港シャトルバス(約30分)は、1人片道30クーナ。スプリット旧市街至近の長距離バスターミナルに停車します。チケットは、運転手さんから直接購入するほか、オンラインでも購入可(指定した日付のみ有効。要印刷)。空港シャトルバスは、トロギールへも運行しています(20クーナ)。

スプリットへは37番の路線バスでも行けますが(1人片道17クーナ、約50分)、旧市街北側約700メートルに位置する近郊バスターミナルに停車します。トロギールへは約10分、13クーナです。

スプリット空港アクセス路線バス路線図

37番のバスの路線図。停車しながらスプリット中心部へ向かうので、時間がかかります。

空港・旧市街間のタクシーの相場は約250-300クーナ、夏期でUberが利用できた場合、フラット料金で225クーナです。宿泊施設によっては、有料で空港送迎をしてくれる場合もあります。

スプリットのバスターミナルは2箇所ある!

スプリットには、空港シャトルバスを含む長距離バスが発着する長距離バスターミナル(市内中心部の便利なところに位置)のほか

スプリットの長距離バスターミナル

空港路線バスが発着する近郊バスターミナルの2箇所があるので、ご注意ください。近郊バスターミナルは、旧市街北側約700メートルのところに位置しています。

このほか、フヴァール島、ブラーチュ島、コルチュラ島、ヴィス島などへ行くフェリー乗り場や、ザグレブへ行く鉄道駅も、長距離バスターミナル近くにあります。詳しくは、スプリットの交通情報のページで別途ご案内します。

快適さと時間節約優先ならプライベートハイヤー利用も便利

スプリット空港に午前中到着する場合、プライベートハイヤーでピックアップしてもらい、トロギール観光、シベニク観光を経て、スプリット中心部の宿泊施設で降ろしてもらうことも可能です。

だいぶ古い記録になりますが、過去の手配実績の一例です。ご興味がおありの場合は、見積もりをとりますので、お問い合わせください。

  • スプリット空港→トロギール観光2時間→シベニク観光2時間→スプリット中心部の宿泊施設で140ユーロ(走行距離約140キロ)(2011年実績)
  • スプリット空港→トロギール観光2時間→スプリット中心部の宿泊施設で80ユーロ(走行距離約35キロ)(2015年実績)(但し、トロギールでランチをする場合は、滞在時間は3-4時間にしたほうがゆっくりできます。)

関連情報

クロアチア旅行のプランづくりには、こちらも記事もご参考になさってください。

おわりに

観光旅行で重要な宿泊施設選び、満足・納得の宿泊施設を選んで、どうぞ素敵なクロアチア旅行になりますように!今後ますます、さらに研究をかさねて、充実させていく予定です。ご意見、ご感想がございましたら、是非お願い致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。まだまだ作成途中のサイトです。下のメルマガをご登録いただくと、クロアチア観光情報の新着・更新情報をお知らせいたします。

スポンサーリンク
Booking.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする