【ポストコロナ】日本からの観光目的でのクロアチア入国にはコロナ検査陰性結果が必要!クリックして最新情報をチェック

【ポストコロナ】日本からの観光目的でのクロアチア入国にはコロナ検査陰性結果が必要!

コロナウィルス対策クロアチア観光
クロアチア観光
この記事は約5分で読めます。

クロアチア国内でのコロナウィルス感染拡大にともない、2020年7月10日から、日本からの観光等目的でのクロアチア入国には、48時間以内に実施されたPCR検査の陰性結果提出が必要、提出できない場合は、14日間の自主隔離義務を負うことになりました!

ただし、EUおよびシェンゲン域内で長期滞在もつ人の入国は解禁されています。

クロアチア国内では制限緩和をうけ、コロナウィルス感染者数がまた増えつつありますが、一部調節しつつ「新」日常生活がもどっています。

感染者急増をうけ、6月25日から公共交通機関、ショップ等でのマスク着用が義務化されています!

スポンサーリンク

日本などEU国外からクロアチアへの入国にはPCR検査の陰性結果が必要!

日本などEU域外からクロアチアへの入国には、PCR検査の陰性結果が必要に変更されました。さらに観光目的の場合、入国の際、宿泊施設などの予約確約証明の提示が必要です。

下記サイトの関連個所抜粋です。

I am a foreign national and I have reserved tourist accommodation in the Republic of Croatia. What documents am I required to have for entry into the Republic of Croatia?

It is necessary to present the confirmation of accommodation booking in an accommodation establishment. The confirmation of accommodation booking in an accommodation establishment includes:

  • Confirmation of accommodation booking of all accommodation service providers / all types of accommodation
  • Camp lease contract
  • Permanent berth contract in a nautical tourism port
  • Confirmation of berth reservation in a nautical tourism port
  • Travel agency voucher etc.

コロナ関連入国フォーマットの記入、提出が義務化

入国時に必要な入国フォームは、事前に記入しておくと入国手続きがスムーズです。

クロアチアから日本に帰国時は14日間の自主隔離が必要!

ただし、クロアチアから日本へ帰国した際には、空港における検査や14日間の自主隔離などの措置が、7月末まで延長されていますので、要注意です!

EUおよびシェンゲン域内からなら入国フォーマットのみでOK

EUおよびシェンゲン協定国に長期滞在許可をもつ外国人(日本人も含む)は、コロナウィルス以前と同様の条件でクロアチアへ入国することができます(ただし、上記コロナ対策関連入国フォーマットの記入は必要)。

日本からの旅行者と異なり、宿泊予約証明も必要ありません

ボスニアは上記解禁国に入っていませんが、スプリット・ドゥブロヴニク間幹線道路でボスニア・ヘルツェゴビナ部分を通過する際の国境は、特に問題なくスムーズに通過できました。(2020年6月)

ただし、ボスニア・ヘルツェゴビナの感染拡大をうけ、ボスニアからの入国が制限されています(2020年7月)。バスや車でドゥブロヴニクへ行くには、事前に国境検査所に電話するなどして状況を確認したほうがよさそうです。

クロアチア国内でのポスト・コロナ新日常の心得

対人距離確保のため使用制限されているテーブル@マクドナルド

クロアチア国内では、一般的なコロナ対策として、以下のような対策がとられています。ただし、クロアチア国内の感染者動向によって、けっこう変動があります。

  • トラムやバスなど公共交通機関に乗車の際は、マスク着用義務
  • 商店等へは入店できる人数が制限されているので、人数オーバーの場合は店の前の屋外で1メートル以上の間隔をあけて待つ
  • 人が密集しないように心掛ける(屋内で2メートル、屋外で1メートルの対人距離をとる)
  • 商店やレストラン、カフェ等に入るときは、備え付けの消毒スプレーなどを使用して手の消毒をする
  • 握手やハグは避ける

コロナ再拡大をうけ、7月15日から、マスク着用義務の対象が拡大されています。

  • 公共交通機関
  • 医療機関
  • 商店
  • 郵便局、銀行、理美容院など接客をともなう店舗など

お店は消毒のため、店により13-14時または14-15時など、休業になっています!

詳しい情報はクロアチア政府観光協会のオフィシャルサイト(英語)をご参照ください。

関連サイト

在クロアチア日本国大使館の海外安全ホームページ

コメント

  1. 加藤 恵美 より:

    情報ありがとうございます。クロアチア旅行を計画していたのですが、1年延期します。来年の今頃行けたら良いな。。と考えています。

タイトルとURLをコピーしました