トゥカルチチェヴァ通りの自然派伝統料理レストランIvek i Marek

ザグレブのお洒落なカフェやレストランが連なるトゥカルチチェヴァTkarčićeva通り。そこにずっと以前からあり、日本の雑誌やテレビ、ガイドブックでも常連だった自然派伝統料理レストランIvica i Marica(イヴィツァ・イ・マリツァ)が、2015年、Ivek i Marek(イヴェック・イ・マレック)というレストランに変わってびっくり!

見た目は全く変化が見られなかったのですが、実際に食事をしたらどうか興味があったので、夕食を食べに行ってみました。

イベック・イ・マレック

写真は同経営で隣にあるスイーツショップIvek i Marek。ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家がモチーフです。


スポンサーリンク

感想とお勧め度

レストランのコンセプトは、新鮮な地元の食材を利用した無添加でヘルシーなクロアチア伝統料理。クロアチア観光に来て、食べたい!と思う各種トリュフ料理がザグレブ市内中心部で食べられるのは、よいと思いました(普通はパスタがあるくらいなので)。食べた料理はいずれも美味しかったです。今回はテラス席でしたが、お洒落なトゥカルチチェヴァ通りだったので、そちらも○。今回は、高価なトリュフ料理づくしだったので、お値段高めですが、便利な立地を考えると納得。カバーチャージ一人当たり10クーナ。

食事は、日本人女性なら、2-3人で前菜+メインをわけて、ちょうどいい感じです。

料理★★★ 雰囲気★★★ サービス★★★ コスパ★★★ (普通は3つ)

日曜日の夕方にザグレブ中心部で食事がしたい!

ザグレブは、実は、日曜日の夕食時に開いているレストランがとても少ない!ので、観光客で賑わうトゥカルチチェヴァ通りならなにか食べられるはず、と、クロアチア人の夫と二人で行きました。トゥカルチチェヴァも、ファストフードっぽい料理のレストランが増えていて、せっかく子供がいない数少ないチャンスだったので、ちょっときちんとした食事をしたい、と思ったのと、経営が変わってどうなったのか興味もあり、メニューも気に入ったので、飛び込みで利用しました。

トリュフづくしの前菜とメイン

今回注文したのは、

食前酒にラキヤ1杯あたり20クーナ

イヴェック・イ・マレック

【前菜】イストゥラ・プレートIstrian Specialities150クーナ

イベック・イ・マレック

白トリュフ入り羊乳チーズ、トリュフ入り牛乳チーズ、トリュフ入り山羊乳チーズ、トリュフ入りイストラソーセージ、イストラ産トリュフ入りサラミの盛り合わせ。

個人的に、羊乳チーズや山羊乳チーズは苦手なのですが、いずれもおいしくいただけました。ソーセージやサラミはあまりトリュフは感じませんでしたが、チーズは、トリュフの香り。

上の表記、すべてに「トリュフ入り」とついていて「間違い?」と思いそうなのですが、当日撮ったメニューを見てもこのとおり。

イヴェック・イ・マレック

【メイン】フィレミニヨンのトリュフソースがけ180クーナと付け合わせの全粒粉ゆでニョッキ27クーナ

イベック・イ・マレック

トリュフソースは濃厚で、お肉もジューシーで柔らかく美味しかったです。注文するとき、ウェーターさんは、お肉は3切れ、と言っていたのですが、二人でシェアすると言ったからか、4切れでした。

グラスで頼めるワインの数はあまり多くなくて、赤ワインはメルロー(100ミリ)28クーナ、白はピノグリ24クーナでした。ミネラルウォーターは750ミリ25クーナ。

基本情報

  • 住所:Tkalčićeva 70, Zagreb
  • 電話:01 4828 999
  • 営業時間:月ー金10時半-23時、土・日12-23時
  • ウェブ:http://www.ivek-i-marek.hr/
  • カード:可

まとめ

名前も似ているし、以前も、「Ivica i Maricaイヴィツァ・イ・マリツァ」という正式名称のほかに「Henzer & Gratel(ヘンゼルとグレーテル)」という英語バージョンも表記していたので、別言語バージョンなのかとしばらく思っていましたが、同じ場所、同じ店構えと内装、スタッフの衣装やテーマ、ロゴ(意匠)も同じなのに、経営が変わっていてびっくりしました。以前と比べて、コアなオーガニック志向は若干影をひそめ、観光客受けしそうなメニューが増えていました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。まだまだ作成途中のサイトです。下のメルマガをご登録いただくと、クロアチア観光情報の新着・更新情報をお知らせいたします。

スポンサーリンク
Booking.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする