【ポストコロナ】日本からの観光目的でのクロアチア入国にはコロナ検査陰性結果が必要!クリックして最新情報をチェック

クロアチア旅行、日本発着おすすめの航空会社は?

飛行機観光旅行の準備
観光旅行の準備 空路
この記事は約8分で読めます。

クロアチア旅行の計画を立てる際の第一歩、クロアチアへ行く航空会社はどこがいいか、よく聞かれます。残念ながら、日本・クロアチア間は、ツアーのチャーター便を除き、直行便はないので、乗り継ぎとなります。

クロアチア旅行ヘビーリピーター様やクロアチア在住の皆さまからもご意見をいただき、クロアチア旅行におすすめの航空会社の選び方をまとめてみました。

スポンサーリンク

フライトを選ぶポイント

東京・ザグレブ往復で、クロアチア旅行によく利用される航空会社の一般的な傾向をまとめてみました。

  • 値段が安い:LOTポーランド航空、ターキッシュ航空、カタール航空
  • 所要時間が短い:LOTポーランド航空、ルフトハンザ航空、オーストリア航空
  • 乗り継ぎが楽:オーストリア航空、ミュンヘン乗り換えのルフトハンザ航空、LOTポーランド航空
  • 時間が有効に使える(深夜日本発翌朝クロアチア到着):ルフトハンザ航空、オーストリア航空、エミレーツ航空、ターキッシュ(トルコ)航空
  • 航空会社の評判がよい:エミレーツ航空、カタール航空
  • エコノミーでも国内主要国際空港のラウンジが使える:日本航空(Flex Y料金、他社運航のコードシェア便を除く)
  • 飛行機に乗るのは極力減らしたい:オーストリア航空(ウィーンから陸路)
  • ストライキなど不測の事態が心配:エアフランスは避ける
  • やっぱり日本の会社が安心:JAL、ANA 別記事
  • ビジネスクラスが格安で利用できる:アエロフロート航空 別記事
  • プレミアムエコノミーのコスパがよい:他社共同運航のJAL 別記事
  • 子供連れにうれしい:カタール航空、ターキッシュ(トルコ)航空 別記事

ほかに自分が貯めているマイレージプログラムのマイルが貯まるかどうかも重要なポイントです。

記事が長くなってしまったので、一部のポイントについては別記事をご参照ください。

また、客観的データだけ見るとよさそうな航空会社でも、衝撃的な具体的口コミもあるので、リピーター様レビューもあわせてお読みください。随時更新しています。

遅延や変更などの不測の事態による影響をできるだけ減らすため、日本国外での乗り継ぎが2回以上のフライトはできるだけ避けた方が安心です。

フライト変更で、中国系の航空会社に振替えになったお客様がいらっしゃいましたが、乗り継ぎの中国本土では、SNSがまったく使えず、変更やキャンセルなどの連絡が困難を極めたそうです。

格安航空券を調べるなら

特に、航空会社にこだわりがなければ、スカイスキャナー 、サプライスエクスペディアなどの航空券予約サイトが、一発でいろいろな航空会社を比較のうえ購入できて便利です。

上記サイトで値段や所要時間などの目安をつけ、おめあてのフライトに関しては、航空会社のオフィシャルサイトで再度確認、価格が変わらないようならオフィシャルサイトから予約・購入するのが安心です。

複数人で同一行程のフライトを購入するときは、できるだけ一括して購入すると、同一料金で航空券を購入できます(別々に買うと、あとで購入する人の料金が高くなる場合があります)。

また、同行者の出発地が異なる場合、国内便は別に購入し、同一行程分を優先して一緒に購入したほうが有利なことがあります(特にプレミアムエコノミーやビジネスクラスなど、座席数が少ない場合、二人目分が大きく値上がりすることも)。

マイレージを貯めるなら

日本・クロアチア間のフライトでは、ヨーロッパ経由なら格安航空券でも、エコノミーで往復約6千マイル、プレミアムエコノミーなら往復約12000マイルマイルが貯まります。

全日空のマイルが貯まる航空会社】ルフトハンザターキッシュ(トルコ)航空オーストリア航空スイス航空LOTポーランド航空、クロアチア航空

日本航空のマイルが貯まる航空会社】エールフランスカタール航空エミレーツ航空イベリア航空大韓航空フィンエア

【その他クロアチア旅行に便利な航空会社】アエロフロート

予約クラスによってマイル積算がゼロ、30%、50%などの積算率が適用されます。

時短優先!所要時間が短い航空会社

東京発着なら、全日空、ルフトハンザ航空、オーストリア航空、LOTポーランド航空などが、乗り換えも含み片道13~14時間前後と、所要時間が短いようです。

スカイスキャナーで2020年6月に2021年5月分調べてみました。ゴールデンウィーク終了後5月6日(金)羽田発ザグレブ着、16日(日)ドゥブロヴニク発(羽田着は17日)、長距離路線は全日空(ANA)運航便。乗り換えはウィーン40分!ミュンヘン1時間15分。旅慣れている人なら大丈夫かな。
ちなみに同条件で検索した場合、最適プランのターキッシュ(トルコ)航空は、乗り換え1回、片道16時間前後で83000円。

乗り継ぎがラクな航空会社

日本からのクロアチア旅行に便利な航空会社で、乗り継ぎに便利な空港といえば、ウィーン(オーストリア航空)、ミュンヘン(ルフトハンザ航空)とチューリヒ(スイス航空)です。ワルシャワ(ポーランド航空)もよいそうです。

逆に、フランクフルト、パリ、ロンドンなど大きな空港は、クロアチアなど小国行きフライトは場末扱いで移動距離が長いことが多く、しかもセキュリティチェックに時間がかかり、あせることも。

日本国内で乗り継ぎの場合、成田・羽田間移動に注意しましょう。乗継ではありませんが、出国空港と帰国空港が異なる便が選択肢として提示されることもあります。

ターキッシュ航空では、イスタンブールで乗り継ぎ時間が6時間以上ある乗客に、無料でイスタンブール観光サービスを提供しています!

朝起きると旅先!時間が有効に使える航空会社

深夜日本を出発して朝乗り継ぎ、午前中にザグレブに到着できるフライトもあります。仕事を終えた後に出発、翌朝の午前中にはクロアチア旅行を開始でき、寝ている時間を有効に活用できます!

  • ルフトハンザ航空やオーストリア航空なら、羽田空港を深夜1時前後に出発
  • エミレーツ航空は、成田空港を深夜発
  • ターキッシュ(トルコ)航空は、夜23時前羽田発

深夜便はしっかり夕食を食べてから乗らないと、機内食が軽めで朝食まで空腹をがまんすることになる場合も(スナック類はあります)

評判のよい航空会社

2019年のランキングによると、日本からクロアチアに利用される航空会社では以下の航空会社がランキングしています(日本航空と全日空は別記事)。

  • カタール航空:総合1位、ファーストクラス5位、ビジネスクラス1位、エコノミークラス3位
  • エミレーツ航空:総合5位、ファーストクラス6位、ビジネスクラス4位、エコノミークラス6位
  • ルフトハンザ航空:総合9位、ファーストクラス2位、プレミアムエコノミー7位、エコノミークラス6位
  • スイス航空:総合13位、ファーストクラス8位、
  • オーストリア航空:総合15位、プレミアムエコノミー4位、
  • エールフランス航空:ファーストクラス3位、プレミアムエコノミー10位

カタール航空やエミレーツ航空など、中東系の航空会社を利用する場合、ラマダンに注意が必要。経由地空港での飲食は、こっそりする場合は問題ありませんが、おおっぴらにすると注意されることもあるようです。

エコノミーでも日本国内のラウンジが使える

広々とした羽田空港のサクララウンジ。夜23時半の様子

日本航空をFlex Y料金で利用すると、エコノミークラスでも、羽田や成田、関空、中部国際空港などのラウンジが使えます。ただし、他社運航のコードシェア便はのぞきます(コードシェア便でもJAL運航便の場合は利用可)。詳しくはこちら

知らなくても、ウェブチェックインでなく、カウンターでチェックインすると教えてくれます。

2019年12月に利用したイベリア航空では、安いのにJALに乗れ、マドリード一泊旅行可能(宿泊費は自腹)、羽田でラウンジも使え、大当たりでした!(政府公認ガイド、フヴァール島苫屋有希子さん

飛行機に乗るのを極力減らしたいなら

飛行機にはできるだけ乗りたくない!という方には、ウィーンまでがんばって飛び、そのあとは陸路、というオプションもあります。ウィーンからザグレブまでは、長距離バスで片道5時間と陸路圏内、日本なら国内旅行モード。ただし、国境パスポートコントロール1回あります。

【おまけ】一粒で二度おいしい!ストップオーバーで経由地観光

ターキッシュ航空ならストップオーバーでイスタンブール観光がおすすめ

時間に余裕がある場合、日本・クロアチア間に直行便がないのを利用して、経由地を観光するのもオススメ。飛行機代追加料金はゼロまたは少額で、経由地に2-3泊して観光を楽しむことができます。

経由地は、ロンドン、パリ、ウィーン、ミュンヘン、チューリヒなどであれば、情報も豊富で比較的気軽に観光できます。まだ実際に行ったことはないのですが、ドーハやドバイなど中東の国も一度は行ってみてもよいなと思っています。

モスクワも興味あるのですが、ビザが要るのが難点。

実際に行った中でおすすめはイスタンブール。筆者も、日本に帰国途中の両親と3泊しましたが、欧米やアジア圏とはまったく違うイスラム文化圏の異国情緒満載!期待値が低かったこともあり、初トルコだった父は大感激していました。

テロなど地域情勢が安定してくると、さらに安心していけるようになりますね。

おわりに

多くても年1-2回しか実際に体験できないフライト情報、皆様からのご意見や体験談がとても参考になりました。お気づきの点がありましたら、更新していきますので、教えていただけるとうれしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました