クロアチアの子供たちのお誕生日事情・学校編

クロアチアの子供たち、もっと大きくなるとどうなるかはまだわからないのですが

我が家の小学4年生は、今年のお誕生日も、性懲りもなく

クラスメートと一緒に、自分の誕生日を祝うために

ジュースやお菓子を、学校にもって行きました!

(クロアチア語でčašćenje(おごり)といいます)

学校で誕生日を祝うためにもっていくお菓子

といっても、息子のクラス22人プラス先生用に

コーラ4リットルにオレンジジュース1リットルと重いので

夫が朝、特別に車で送りがてら、教室まで持ち込みました。

(去年は、ジュースやスナックのほかに、マフィンを30個焼きました。)

息子曰く

20センチくらいのデコレーションケーキを、二つ持ってくる子供もいるとのことで

ロウソクのともったバースデーケーキ

そんなときは、担任の先生が、皆にケーキを切り分けてくれるのだそうです。

幼稚園のときなどは、まだ、そんなものかな、と思っていたのですが

結構衝撃なのは、それを休憩時間や放課後などにするのではなく

正規の授業時間をまるまる一時間(45分)使って、皆で飲み食い

他の子供たちは、お誕生日の子供に、絵を描いてあげたりして過ごすそうです。

なんだかゆとり教育だわー。

(注:息子たちの小学校だけで、ほかの小学校はもしかしたら違うかもしれません)

クロアチアの子供のお誕生パーティーについては、以前書いたブログ「クロアチアのそら」の記事「ザグレブの子供の誕生パーティー事情」を、ご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。まだまだ作成途中のサイトです。下のメルマガをご登録いただくと、クロアチア観光情報の新着・更新情報をお知らせいたします。

「ひとりごと」の新着・更新情報のご案内は、右側のメルマガ登録からカテゴリーを選んでください。「ひとりごと」の中のカテゴリーの一部のみのお知らせをご希望の場合は、お手数ですが、お問い合わせからお知らせください。

スポンサーリンク
Booking.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする