クロアチアン・グリル料理にかかせない定番付け合わせアイヴァル

クロアチアの国民的B級グルメ、チェバピ(チェバプチチ)や、プレェスカヴィツァに、ほぼ必ずといっていいほどついてくる定番ペーストが、赤ピーマンとなす、ガーリックから作られるアイヴァルajvarです。

チェバピのアイヴァル添え

写真右上のオレンジ色のペーストがアイヴァル

アイヴァルってどんな味?種類は?

肉厚の赤ピーマンとなすを、オーブンで焼いてペースト状にしたものなので

ベースは、焼いた野菜のほんのり甘い優しい味ですが

スーパーでは、マイルド味blagi

ペペロンチーノを入れたスパイシー・バージョンljutiの二種類が売られています。

赤ピーマンとなすのペースト、アイヴァルの瓶詰

(写真はマイルド味のもの。この製品は、写真を見るとトマトも入っているようですが、アイヴァルのレシピをいくつか見た範囲で、トマトを入れるものはありませんでした)

アイヴァルの食べ方

アイヴァルは、一般的に、チェバピ(チェバプチチ)やプレェスカヴィツァなど、クロアチアの国民的B級グルメ、グリル肉に好みでつけて食べます。

また、一般的ではないそうなのですが、我が家では、パンにマヨネーズを塗ったうえに、アイヴァルをつけて食べることもあります。

アイヴァルの作り方

秋になると、赤ピーマンが、山積みで売られるようになり

市場で山積みで売られている赤ピーマン

赤ピーマンとなす、ニンニクにペペロンチーノを材料としてつくられます。

ajvar1

作り方の概要は、時間ができるまでは、以前書いたブログ「クロアチアのそら」の記事「保存食づくり」をご参照くださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。まだまだ作成途中のサイトです。下のメルマガをご登録いただくと、新着・更新情報をお知らせいたします。

スポンサーリンク
Booking.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする